お茶にしよ~っと。

hyomin.exblog.jp ブログトップ

<   2006年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

シオモニ

シオモニとは、義理の母、つまり、姑の韓国語である。オモニは、母、アボジは父、それに〝シ”をつけると義理の父、母となる。今年の旧正月も終わった。私の住んでいるところは、主人の実家まで高速を飛ばして4時間の南端。27日が仕事収めで、その日、会社が終わって夕飯を簡単に取って、8時過ぎに実家に向けて家を経った。実家に着いたのは夜中の12時過ぎ。田舎の奥の奥にある、山の下の農家の一軒家。舗装されていないガタガタ道を100メートルくらい行くと、実家が見えてくる。車の音で飼っている犬達が吼えて、私達の到着を主人に知らせる。どんなに遅くても、必ず外に出てきて、迎えてくれる。孫達を笑顔で抱き寄せ、車から降ろす重い荷物から持っていこうとする70近いシオモニ。家に入ると、両親にひざまずいて韓国式の深い敬礼をする。そして、必ず、シオモニが私達のおなか具合を心配してくれる。夜中の1時過ぎようが、おなかがすいていたら、食事を出してくれる。いやな顔をすることもなく、当然のように、出してくれる。始めの頃は日本人の私には慣れなくて大変だったが、今では、どんなに遅くなっても、食事が待ってると思うと慰めになるくらいだ。待っていてくれる人がいると。旧正月の準備も、私達嫁に全部させて自分は休むような普通のシオモニではなく、嫁が少しでも楽にできるようにと、本当に心配りをしてくれ、共に準備をする義母である。身体の弱いシアボジの代わりに、農業をし、牛を飼い、朝から晩まで、休むことなく働くシオモニ。それでも不平不満を言わず、心無い息子達の文句にも「はっはっはっはっ!!」と腹からの大声で笑い飛ばすシオモニ。シオモニの、黒くひびの入った手の指と、その指とは正反対の、温和で穏やかな顔を見て、この義母の人生の重みを感じる。私達が帰る時間が近つ”くと、シオモニは私達への荷作りで忙しくなる。キムチ、白菜、大根、米、味噌、私達が買ってきた果物、ねぎ、etc 、、。どんどん荷物が増えていく。”こんなに食べれるかな。。。”と思いながらも、義母の気持ちがうれしくて、来たときの倍の荷物になって帰って行く。今年も、旧正月が終わった。ホームシックという寂しい思いもするが、その気持ちを知っていてくれるシオモニが私にはいてくれる。重くなった車と同じくらい、心が満たされた、旧正月の帰途であった。
f0048205_16211360.jpg
先祖に捧げる旧正月のお供え物。
[PR]
by hyomin | 2006-01-31 16:34 | 思い、徒然と。。。

あぁ、民族大移動が始まる。。

韓国では、旧暦で新年を迎える。今年は1月29日が旧暦の1月1日。もうすぐだ。韓国では、お正月、お盆がとても重要だ。ホントにホントに重要。必ず、実家や本家に行って、先祖にお供え物を捧げて、皆で食事をする。この、お供え物の準備がいろいろ大変。女性たちが本当に大変。毎年、その大変さゆえに夫婦喧嘩となり、離婚が増えるとニュースで報道するくらいだ。何もしないで遊んでいる男性達に対して、ニュースが「女性の苦労を分かち合って、男性達も、積極的に手伝いましょう!!」なんていうコメントを流すのは、韓国のお国柄なのかなぁと、私はいつも不思議に思う。NHKだったらこんな報道するかな?所変わればで、興味深い。27日くらいから、民族大移動が始まる。女性達は戦場に向かう心情。でも、女性達の慰めは、嫁ぎ先での正月の挨拶が終わったら、必ず実家にも行って挨拶する慣わしになっていること。旦那を引き連れて、堂々と実家に帰っていけるのだ。疲れきった身体を癒しに。かわいそうなのはこの私。遠く離れた日本にそうちょくちょく帰れるはずもない。実家に帰ってきた小姑達のお世話がまた、始まる。まぁ、とてもよい妹たちなのでいいのだが、寂しさは隠しきれない。私が唯一ホームシックを感じるときが、またやってくる。
f0048205_717882.jpg

[PR]
by hyomin | 2006-01-25 07:20 | 韓国の国民性

存在感のある、韓国のコーヒー

こうしてパソコンに向かえるのは、時間がぽっとできた時。いつもほっと一息、お茶しながら書いている。だからブログ名は、考えた挙句、知人の知恵も借りて、この名前になった。韓国の"お茶しよう”のお茶は、だいたいがコーヒーである。それも、とても濃い目で、とっても甘~いやつ。量も少なめ。こちらに来たばかりの時は、このコーヒーを飲んで胃が痛くなった。それほど、濃い。でも、ちょっと経てば、この味がたまらなくなる。日本人はお茶菓子と一緒に、薄めのコーヒーを飲むが、韓国の大人たちは、日本人のように、お菓子を食べない。チョコレートの冬季限定なんて、ありえない。だから、コーヒー単独で、おいしくがんばらなくてはならないのだ。そこで、コーヒーの入れ方がとても重要になってくる。お客さんが来たら、たいがいコーヒーでまず、もてなす。ここで、コーヒーの入れ方にとても神経を使わなければならない。コーヒーがおいしいかどうかで、その後の雰囲気がちがってくるからだ。そしてその人の株も上がったり下がったりする。世界共通、おいしく入れたコーヒーには、心をなごます力がある。でも、韓国の場合は、インスタントコーヒーとクリープ(マリームでもなんでもいいのだが、、)と砂糖と、そしてお湯の量の、この4点セットの微妙な割合がバッチリあって、本当においしく、心をなごますコーヒーが生まれるのだ。この微妙な割合をマスターするのは、そう簡単ではない。日本人の私にはなおさらだ。助けてくれるお茶菓子もない。だから、お客さんが来たとき、緊張するのだ。でも、韓国に来て9年目。私もこのコーヒーをやっとマスターした。韓国人の入れたコーヒーにもひけをとらないものになった(ホントかよ~~)。う~ん、韓国のコーヒーは、インスタントでも奥が深いな。。でも、こうして、一人パソコンに向かっているときの私の"お茶”は、量多目で薄めで砂糖抜きの、もっぱら日本式のコーヒーである。もちろんお茶菓子付きで。あ~ぁ、だから痩せないのか。。。
f0048205_17253567.jpg
注:いつもこんな立派なものがお茶菓子ではありません。旦那の妹さんが、私の誕生日のときに「お姉さん、チョコレート、好きでしょ。」と、プレゼントしてくれたもの。やさしい妹です。
[PR]
by hyomin | 2006-01-22 17:27 | 韓国食文化

凝り性のB型。

私は韓国在住の日本人。私がブログなるものを始めようと思ったのは、おとといのこと。遠く日本にいる両親や姉等に、私の様子を知らせたいけど、いちいち写真添付したメールを送るのも、結構時間と手間がかかって、なかなか出せず、何かいい手はないかな~~と、思っていたところに、インターネットにブログなるものが最近(なのか、ずっと前からなのか知らないけど、)よく出てて、”なにかなー”と見てみると、私の望んでいたものにぴったり!!感動のあまり、ずっとパソコンにへばりついて研究した。おとといからいろんなブログを比較研究した。なんて言っても、そんなにたいしたことはしてないのだが、頭は痛くなるし、肩は凝るし、子供たちはパソコンをしたがるしで、結構疲れたな。でも、途中であきらめてしまうのが嫌いな私。むきになって探して探して、やっとこのブログにたどり着いた。このブログは公開、非公開を、部分ではなく、全体で設定できるから、私の望んでいたものにぴったり!!昨日、家族、友達用に非公開のブログを早速作った。感動、、、。コメントが送られてきて、またまた感動、、。でも、喜びもつかの間。非公開だから、限られた人からしかコンタクトがないことに気付いた。個人的な写真とかを送るから、それはそれでいいんだけど、なんか、さびしーよーな、世界が狭いような。それで、今日、”今度は公開用のブログを作ろう!!”と思い立って、今に至ってる。小1と幼稚園年長さんの二人の子供たちは、朝からパソコンにかじりついているオンマを尻目に、とっととお外に遊びに行ってしまいました。凝り性の私。これもB型のせいにしとこう。
f0048205_11592361.jpg

[PR]
by hyomin | 2006-01-21 12:02 | 思い、徒然と。。。
line

あんにょん。。。                o(〃^▽^〃)o♪ 。・:*:・゜☆


by hyomin
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー