お茶にしよ~っと。

hyomin.exblog.jp ブログトップ

学校へ。

        今年も、息子の担任の先生からのお知らせ。

          「花を持ってきてください。」


去年、息子が1年に新入して数日後に、初めてこれを聞いたときには、びっくりした。何の花かというと、教室をきれいに飾るための、鉢植えの花。韓国では当たり前のこと。

   "エ~~ッ!!何じゃそりゃっ!!"

はっきり言って、理解できなかった。
そりゃ、教室がお花でいっぱいだったらきれいでいいだろうが、何で、強制的に持っていかないといけないんだろう。。。とても葛藤した。

教室に掃除に行くと、とてもとても大きな鉢植えの花が"ドンド~ン!!"と、何個か置かれてあった。教室に不似合いの、豪華な鉢植え。おまけに、子供の名前の入った大きなリボンを付けて。

見てうんざりした。鉢の大きさの品評会ですかっ!!内心そう思った。

何日か過ぎて、息子が言った。

   「オンマ、花を持ってきなさいって。」

そうか、やっぱり持っていかないとな。。。気が重かった。
f0048205_13325823.jpg

子供の学校が終わるのを待って、一緒に花屋さんに行った。
ちょうど春。きれいな花がいっぱい並んでいた。
子供も、うれしそうだった。

きれいな花と、うれしそうな息子の横顔を見ているうちに、私の気持ちが変わっていった。

"そうか。花は、自分の花を見て喜ぶ息子のためにあるんだ。。"

新入して間もない小さな息子を、毎朝送り出すたび、心配で胸が張り裂けそうだった。初めての子ということもあったろう。

”でも、こうしてオンマと選んだ自分の花が、教室に行けば待っていてくれる。
自分を待っててくれる花がいてくれる。”

息子の居場所ができたようで、なぜか私の心が軽くなった。
そして、子供のお気に入りのかわいい花を買って、その足で教室に持って行った。週に一度の水やりを約束して。



        上の写真は今年、子供が選んだ花。
        何のためらいもなく、すぐに買いに行ってきた。



           お花さん、息子をよろしくネ。






    
[PR]
by hyomin | 2006-03-08 13:42 | 韓国の小学校
line

あんにょん。。。                o(〃^▽^〃)o♪ 。・:*:・゜☆


by hyomin
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30